U15(中学)バスケット

ジュニアウインターカップ

大会3日目を迎えたジュニアウインターカップ。

京都代表の京都精華CLUB(女子)は七尾DACHS、

京都精華学園中はTOHOKU UNITED BALLERZ と

ベスト16をかけて対戦する。

今大会は5日間での開催となるため、

ダブルヘッダーの試合が1日だけである。

全中の場合は、3日間で6試合という過密スケジュールのため、

コンディションをいかに整えるかが勝ち上がる鍵となる。

 

様々な状況を乗り越えての日本一となるわけであるが、

組み合わせによっての有利、不利は試合結果に多少影響を及ぼしている。

 

それに対して今大会は1回戦シードはあるとはいえ、

1日1試合(3日目だけ2試合)で、対戦相手との当日の試合数は同じである。

また中学校の部活動、クラブチーム、Bユースチームが参加可能な大会であり、

日本で一番強いチームを決める大会と言えるのではないか。

 

昨年、京都精華学園の高校生は悲願の日本一に輝いた。

中学生たちの熱い戦いに期待している。

 

 

 

関連記事

  1. 中学校の1年間の流れ
  2. Parkインタビュー( 地域版:宇治市 )
  3. 京都市中学校夏季選手権大会
  4. 新人戦結果
  5. 第76回京都府中学校総合体育大会
  6. 春季大会終了
  7. ジュニアウインターカップベスト4
  8. 京都府新人戦男子ベスト4決定

カテゴリー記事一覧

CALENDAR

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP