高校バスケット

『 洛西高校ベスト8入り 』

2021年インターハイ京都府予選(女子の部)で洛西高等学校がベスト8入りを果たした。
ベンチエントリー15人中4人が高校からバスケットを始めた選手である洛西高校。
学業面や通学圏など、部活動以外の理由で進学してきた選手ばかりである。

ところが、朝練の取り組みを聞いて非常に驚いた。 
毎朝、7時30分からのチームの朝練の前に6時45分頃から個人練習を行っているそうである。
これは強豪校と比べても遜色ない練習量である。

また以前、部活ノートを拝見させて頂く機会があったが、
技術面だけでなく、感謝の気持ちなども綴ってあり素晴らしいと感じた。

「 目標はベスト16 」

スポーツ推薦や体育科のない高校にとっては府大会出場やベスト16が目標となるケースが多い。

洛西高校は市部予選を危なげなく勝ち上がり、府大会出場を決めた。
( 市部代表決定戦 )
大谷 42 - 78 洛西
向陽 45 - 90 洛西 

そして府予選の初戦も勝利し、目標の先のベスト8に駒を進めた。
( 府予選 )
洛西 88 - 52 紫野


( 紫野戦では34得点の#10福田選手もバスケット未経験者である)

京都精華学園、鳥羽、京都明徳、福知山成美、西城陽、京都西山、京都すばる、そして洛西。 
ベスト8常連校の中に名を連ねた。
今大会は近畿大会の出場権の関係で準々決勝で敗れたとしても、
3-5位を決めるトーナメントがあり、シードチームとの2連戦となった。

( 府予選 準々決勝 )
鳥羽 85 - 42 洛西

( 順位決定トーナメント )
京都西山 108 - 62 洛西 


( ディフェンスで仕掛けて粘り強くプレイしたが、シードチームも冷静に対応した )

試合後、強豪校と2試合対戦した感想を尋ねると

「 アップから雰囲気が違いました。 
 キャプテンの指示も早いですが、
 言われる前から各自で動けている点が違うと感じました。 」
 (川村選手談)

とプレイ以外についての感想が一番に出てきた。

試合は日々の練習の積み重ねであるので、
1分1秒を無駄にするチームに勝利の神様は微笑まない。

上位に進出してくるチームは、当たり前の行動が違う。

強豪チームのプレイ面ではなく、取り組み方に目が行くということは、
普段から洛西高校の選手たちも意識しているからこそ、
素晴らしさに気づくことができたのではないか。

朝練を含めた練習量。

普段の練習の意識。

部活ノートでの振り返り。

洛西高校がベスト8に入ったのは、必然であったと感じた。

今回ベスト8シードを獲得したので、
ウインターカップ京都府予選 府大会への出場が決定した。

また1回戦は予選を勝ち抜いたチームとの対戦となるため、
実力が拮抗した相手との対戦の可能性が高い。

今回の経験がどのような影響を及ぼすのか、これからの活躍が楽しみである。

関連記事

  1. インターハイ京都府予選5位決定戦_京都府立城陽高等学校vs福知山…
  2. ルーキーセンセーション
  3. 近畿大会フォトプレイバック#1洛南高等学校
  4. 『 プラスに変える力 』
  5. 『 成長 』
  6. ウインターカップ出場枠について
  7. 『 楽しんでバスケットをする 』
  8. 近畿大会フォトプレイバック#2鳥羽高校(男子)

カテゴリー記事一覧

CALENDAR

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP