中学バスケット

ルーキーセンセーション

2021年は夏の都道府県大会が開催された。
今後はブロック大会や全国大会も開催予定である。

京都では春季大会や府新人戦が中止となり、
コロナ禍での影響を受けてしまったが、
夏の公式戦が中止となってしまった昨年度を考慮すると
最後の大会が開催されたことは喜ばしい事である。

BasketParkでは
昨年、大会が中止となった現高校1年生で
インターハイ予選で再会した選手を紹介したい。

洛南高等学校
鬼防 壬陽人 選手
井手町立泉ヶ丘中学校出身

2019年度の府新人大会では
京都精華学園中、西賀茂中、
ハンナリーズU14に次ぐベスト4入り。

岡田侑大選手を擁して全国大会出場を決めた時以来の
近畿、全国大会への出場が期待されていた。

鬼防選手はドリブル、パス、シュートと
どれもが高いレベルにあった。

その中でも特に素晴らしかったのが
1対1からのジャンプショットで、
確率の高さに会場からは
感嘆の声が上がることもしばしばあった。

中学時代、ボール保持時間が少し長かったのも
チーム事情によるところが大きく、
洛南高校ではスピーディーな展開に
アジャストしていた。

今後の活躍が楽しみな選手である。

関連記事

  1. 第68回近畿高等学校バスケットボール大会_京都府代表_京都府立山…
  2. 近畿大会フォトプレイバック#1洛南高等学校
  3. 全中ベスト4決定
  4. Other prefectures #1
  5. 第68回近畿高等学校バスケットボール大会_京都府代表_京都府立山…
  6. 令和3年度第68回近畿高等学校バスケットボール大会_女子決勝戦_…
  7. 『 ラスト1秒 』
  8. 『 楽しんでバスケットをする 』

カテゴリー記事一覧

CALENDAR

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP