高校バスケット

The 3rd place ゆずれない場所

京都の高校生にとっては「 洛南 」と「 東山 」の2校は

非常に大きな壁となって存在している。

「 いつかは勝ちたい。 」

「 なんとか勝負に持ち込みたい。 」

そういう想いを抱いている選手や指導者は多々いると思うが、

現実的な目標として「 京都No.1  」を掲げるには大きすぎる壁である。

多くのチームにとっての目標は「 京都ベスト4 近畿大会出場 」ではないか。

〝  全国大会は無理でも近畿大会で他府県のチームに勝利して勝ち進みたい 〟

全国へのハードルが高い分、近畿大会には特別な想いを感じる。

実際に今まで京都ベスト4チームが他府県のインターハイ出場校に

勝利する試合を幾度となく見てきた。

 

今回のウインターカップ予選では「 洛南、東山への挑戦 」「 ベスト4争い 」にもう一つ、

「 3位争い 」が加わった。

例年のトーナメントの場合、準決勝で2強とあたり、点差が開いた試合で引退するケースが多い。

それが今年は、決勝リーグが開催されたので、2強との連戦+3位を決める試合を経験することが出来た。

そして最終日の京都両洋 – 鳥羽 の1戦は白熱した戦いとなった。

 

まず、目を引いたのが#70 吹田選手である。

新人戦は大会の中止、IH予選は自身の怪我のため不出場。

昨年度から主力選手としてプレイしていた吹田選手にとっては

上級生になって初めて全力でプレイできる大会となった。

怪我の期間が嘘だったかのようにチームのキープレイヤーとして力を発揮した。

( 怪我の間に取り組んだウエイトトレーニングの効果がプレイに表れた )

IH予選からの成長という点では

2年生プレイヤーが接戦の中でもプレイタイムを得ていた。

スタートの#92半田(桃)選手の他に

#3 北山選手 #12 倉橋選手 #88 定影選手がつなぎ役としてプレイできた。

( 「 西之介(#13半田選手)みたいにコミュニケーション能力が高く

練習を仕切れる人材が出てきて欲しい。 」 吹田選手も後輩の技術面よりも

精神的にチームの中心になれる選手への成長を期待している )

 

ゲーム展開としては第4Qに京都両洋がリードし、

このまま勝ちゲームに持っていきそうなところを

3年生のプレイで盛り返した。

これまでチームを引っ張ってきた#13半田(西)選手。

#91杉村選手 #23林選手のインサイド陣。

 

そしてチームを陰ながら支えてきたベンチプレイヤーの3年生。

試合後の#13 半田(西)選手の話でも 3年生の #2千代選手や #22井爪選手の名前が挙がった。

これまで積み重ねてきた日々が最後は力となったように感じた。

 

( 「 3年生ひとりひとりが自分の役割を果たしてくれた 」 #13半田(西)選手 )

終盤の勝負どころでは今大会からスタメンとして活躍する#60奥田選手が

リバウンドタップをバスカンでねじ込み勝利を引き寄せた。

これまでは悔しい思いをしながらチームを支えていた一人だ。

またこの試合ではプレイタイムが限られたが、

#39松吉選手、#66関口選手のアウトサイドシュートも非常に魅力的だった。

鳥羽 70−68 京都両洋

 

心の優勝トロフィーを

夢見る少年たちに。

 

リンク先:京都府バスケットボール協会_高体連専門部

関連記事

  1. 『 洛西高校ベスト8入り 』
  2. 近畿大会フォトプレイバック#2鳥羽高校(男子)
  3. 『 目標の日本一へ 』ウインターカップ京都府予選_女子優勝_京都…
  4. 第68回近畿高等学校バスケットボール大会_京都府代表_京都府立山…
  5. ウインターカップ京都府予選決勝リーグ_洛南対東山
  6. 『 仲の良さ 』
  7. 『 プラスに変える力 』
  8. 『 ラスト1秒 』

カテゴリー記事一覧

CALENDAR

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP