高校バスケット

京都ウインターカップメモリー #2

京都ウインターカップメモリー 第2回は

京都成章高等学校 女子バスケットボール部をピックアップ!!

2021年WC京都府予選で『 創部以来初めてのベスト8入り 』を果たした京都成章。

今までの努力がようやく結果に繋がった。

 

#4 稲垣 果穂 選手 ( 西京極中出身 )

 

実は5月の時点で、今回の活躍は予想していた。

2021IH京都府予選 鳥羽高校戦では前半を終えて

28-24の4点ビハインドというゲーム展開であった。

鳥羽高校は新チームになって初めての公式戦であったので、

数字をそのままチームの力として捉えることは出来ないが、

それを差し引いてもべスト8を狙える位置にいるのを感じることができた。

#5 中村 愛 選手 ( 東輝中出身 )

 

京都成章のプレイで特に目を引いたのがディフェンスである。

インサイドの身長が低い分、前からプレッシャーをかけ

いかにフロントコートにボールを運ばせないかが勝負の鍵であった。

 

#6 堀江 美月 選手 ( 東輝中出身 )

 

普通に守っていては勝利を掴み取ることは出来ない。

高身長のセンター不在というチーム事情が

一人一人のディフェンスに対する意識を向上させたと感じた。

 

#7 明石 琴帆 選手 ( 西ノ京中出身 )

 

そして、WC京都府予選の西城陽高校戦では

リバウンドやルーズボールでも頑張りをみせ、

創部以来初のベスト8を勝ち取った。

 

 

#8 土居 蒼依 選手 ( 向島中出身 )

 

6人の3年生が現役を続行したので

3年生と下級生でうまくタイムシェアすることができた。

オンザコートでのプレイの修正は、経験値が物を言う。

ベスト8や府予選出場を狙っているチームにとっては

ベンチから客観的にプレイを見る時間を作れるという点が

タイムシェアの1番の魅力であると感じた。

 

 

#9 松香 朱律 選手 ( 西院中出身 )

 

絶対的エースはいない。

高身長のインサイドプレイヤーもいない。

そういった現状を受け止め、自分たちの出来るバスケットを追い求め

努力を続けた結果『 創部以来初めてのベスト8入り 』に繋がったと感じた。

 

リンク先:ウインターカップ京都府予選記録

関連記事

  1. 近畿大会フォトプレイバック#2鳥羽高校(男子)
  2. 『 成長 』
  3. 笑顔のラストマッチ
  4. 『 仲の良さ 』
  5. ウインターカップ京都府予選決勝リーグ_洛南対東山
  6. インターハイ京都府予選5位決定戦_京都府立城陽高等学校vs福知山…
  7. IH京都府予選_ベスト8決定
  8. U16女子アジア選手権_準優勝

カテゴリー記事一覧

CALENDAR

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
PAGE TOP