U18(高校)バスケット

令和4年度全国交歓京都大会

2023年3月26日と27日の2日間にわたって

令和4年度全国交歓京都大会(通称:京都交歓)が開催された。

本大会は京都府高校新人戦、男子ベスト4チームと招待チームで開催される。

招待チームの市立柏、正智深谷、開志国際、北陸学院、東海大諏訪、飛龍、中部第一、

四日市工業、出雲北陵、豊浦、新田、九州学院に地元京都の京都精華、東山、洛南、京都両洋を加えた

全16チームが参加し熱戦を繰り広げた。

大会結果

※初日は8分ゲーム

 

大会順位は

1位 開志国際

2位 東山

3位 北陸学院

4位 京都精華

以上の結果となった。

 

近畿新人大会で優勝し、今大会も2位につけた東山は

得意のオフェンスに加え、ディフェンス面においても

仕掛ける場面を多々見ることができた。

#4 佐藤  インサイド、アウトサイド、速攻、リバウンドと

オールラウンドの活躍を見せた。

 

京都府新人戦 優勝の京都精華は

予選全勝で1位グループトーナメントに進み、

開志国際相手に第1Qで4点リードするという

ポテンシャルの高さを見せつけた。

最終スコアは

開志国際 82 – 61 京都精華 と少し開いたが

他のカップ戦の結果と比べると全国上位の力が伺える。

( 開志国際は福岡第一や桜丘が出場した

KAZU CUP 2023 で全勝優勝している。)

 

洛南は京都府新人戦第3位と苦しい1年の始まりであったが、

高校3年生の冬に存在感を増す、洛南のバスケットで

どこまで変化するのか今後が楽しみである。

 

昨年、悲願のWC出場を遂げた京都両洋。

その分、新チームへの移行が例年とは異なり、

これから完成度が増していく印象を受けた。

 

コロナでの行動制限が徐々に解除されつつある。

今後も有観客での試合が増えると予想されるので、

できれば会場に足を運んで、全国でもトップレベルの

バスケットに触れて頂きたい。

 

 

 

関連記事

  1. 積み重ねた努力
  2. 『 大黒柱 』
  3. インターハイ京都府予選_女子優勝_京都精華学園
  4. IH京都府予選_ベスト8決定
  5. 2023IH京都府予選 京都精華学園7年連続17回目の優勝
  6. 高校新人戦ベスト8
  7. 【近畿高校新人戦】京都精華学園が男女で優勝!!
  8. ウインターカップ出場選手

カテゴリー記事一覧

CALENDAR

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP