高校バスケット

バスケット歴6年

本日3月1日は多くの公立高校の卒業証書授与式が挙行される。

そこで今回は公立高校で最も印象に残っている選手を紹介させて頂く。

京都府立鳥羽高等学校 #58造作 双葉 選手

鳥羽のインサイドの要として活躍してきた造作選手。

ゲームを観ている段階では、身長が170cm中盤のプレイヤーだと感じていた。

ところが試合後に他の選手と並ぶと、フォワードの選手と身長がほとんど変わらないことに気がついた。

プログラムでは造作選手が165cm、金丸選手が164cm、西山選手が163cmとなっていた。

 

165cmというサイズでインターハイ京都府予選 準優勝、ウインターカップ京都府予選 第3位のチームの

インサイドプレイヤーとして活躍できたのは特筆に値する。

プレイの特徴としてはインサイドで身体を張ることができる選手である。

相手インサイドプレイヤーの守備やスクリーンアウトを1試合を通して頑張ることができる。

またウインターカップ京都府予選 決勝リーグ京都両洋戦では22得点も記録しており、

得点力も発揮している。

そして最も驚いたのはバスケットをやり始めたのが中学に入ってからという点である。

バスケットボール歴6年目でインターハイ京都府予選の決勝戦の舞台に立ったのだ。

 

ここ数年のバスケット界の個人技の向上は目を見張るものがある。

小学生のうちから多彩なプレイをみせる選手も多く、

中学や高校バスケットでインパクトを与える選手の大半はミニバス経験者である。

しかし、『 上手い選手 』と『 チームを勝利に導く選手 』が

イコールにならないのがバスケットボールの面白さであると筆者は考えている。

インサイドアタック、ペイントエリアでのボールの繋ぎ、カバーディフェンス、リバウンドなど、

『 勝利 』を掴むための重要なポイントが個人スキル以外に複数存在している。

指導者が身長の高いインサイドプレイヤーを欲しがるのが何よりの証拠である。

 

 

造作選手はインサイドプレイヤーとして身長は決して高くはないが、

献身的な『 勝利を掴むための動き 』を身につけていた。

 

インサイドを頑張ることの大切さをプレイで教えてくれた。

また中学からバスケットを始めても、活躍することができるという希望も与えてくれた。

バスケットボールを頑張っている選手にプラスになることを願って。

 

リンク:京都府バスケットボール協会高体連バスケットボール専門部

関連記事

  1. 『 18年ぶりの近畿大会出場 京都西山高等学校 』
  2. インターハイ京都府予選 優勝  女子 京都精華学園高等学校  男…
  3. 『 大黒柱 』
  4. 京都ウインターカップメモリー#3
  5. 第57回全国高等学校交歓バスケットボール京都大会
  6. ルーキーセンセーション
  7. 高校で活躍する選手
  8. ウインターカップ京都府予選トーナメント表

カテゴリー記事一覧

CALENDAR

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP