高校バスケット

『 目標の日本一へ 』ウインターカップ京都府予選_女子優勝_京都精華学園

他チームを寄せつけず、京都府予選を優勝した
京都精華学園のプレイを見て
『 目標としての日本一 』を感じた。

2019年ウインターカップは
高橋選手(現デンソーアイリス)を擁して
チーム史上初めての3位。

2020年ウインターカップは
荻田選手(現筑波大)を中心に
準々決勝まで勝ち上がり、
初めての桜花学園との対戦。

今年同様、全国上位の力はあったが
全国大会を勝ち上がるという未知の領域。

そして荻田選手も試合後に語っていた
『 桜花 』という絶対王者に対する緊張。

これらを乗り越えるには
どうしても『 時間 』が必要だった。


( 精華学園中時代も含めると本当に様々な経験を積んできた3年生 )

今年度は近畿大会で気持ちの上では初めての優勝を手にした。
( 記録上は57年ぶりの優勝 )

インターハイ準決勝では桜花学園に敗れてしまったが
後一歩のところまで追い込んだ。
( IH準決勝 桜花学園66-63京都精華 )

名実共に日本一を狙えるチームに進化した。

そして、今回のウインターカップ京都府予選では
決勝リーグの平均得点が130点越えという
全試合100点ゲームでの勝利。

今までにはない強さを感じた。

試合後、『 日本一 』に足りないものは
ディフェンスですとキャプテンの瀬川選手が語ってくれた。

選手の間にも明確なビジョンとして
『 日本一 』が存在しているのを感じた。


( IHで大活躍の1年生も安定感が増してきた )

ウインターカップは
2021年12月22日に開会式、
23日から試合が始まる。

女子は京都精華学年、京都両洋
男子は洛南、東山の
4校が京都代表として出場する。

ウインターカップが本当に楽しみである。

リンク先:京都府バスケットボール協会高体連バスケットボール専門部

( 画像の無断転載は固くお断り致します )

関連記事

  1. ルーキーセンセーション
  2. The 3rd place ゆずれない場所
  3. 3Pシューター
  4. Parkインタビュー 宮津天橋高等学校
  5. ウインターカップ京都府予選決勝リーグ_洛南対東山
  6. ウインターカップ出場枠について
  7. ルーキーセンセーション 3
  8. 『 成長 』

カテゴリー記事一覧

CALENDAR

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP