高校バスケット

インターハイ京都府予選決勝リーグ第1日

2022年インターハイ京都府予選。

5月14日にベスト4チームが決定し、

翌15日には決勝リーグ第1戦目が開催された。

結果は以下の通り。

男子

洛南 71 ー 49 京都両洋

鳥羽 85 ー 94 東山

女子

京都明徳 30 ー 124 京都精華学園

鳥羽  47 ー 83 京都両洋

 

男子では洛南、東山が勝利した。

全国への〝 双璧 〟として存在している両校であるが、

今年は例年よりも点差が縮まる展開が予想された。

実際に、洛南は前半終了時点でリードは6点のみ。

東山は前半こそ35-57とリードしたものの、

後半は50-37と追い上げられた。

 

接戦の中、存在感をみせたのは

洛南 星川選手、東山 佐藤選手の

インサイドワークである。

 

星川選手は23得点中、2P 14得点、FT 9得点

中に切れ込んで勝負していた。

 

ファールトラブル、リバウンド、スタミナの消費など、

高さとフィジカルがある選手がリングに向かってアタックを繰り返すことで

相手チームにはボディブローのようにじわじわと効いてくる。

 

オフェンスにとってもインサイドアタックはスタミナを消費するが、

粘りあるディフェンスに対して安直にアウトサイドへ逃げず、

執拗に攻め続けた姿に、全国区のチームのエースの力を感じた。

 

 

東山の佐藤選手も24得点中 2P 18点 FT 6点と

得意のターンステップを駆使してインサイドを攻め続け、

鳥羽のインサイドプレイヤーのファールトラブル(5ファールと4ファール)を引き起こした。

 

 

 

戦評リンク先 京都府バスケットボール協会

洛南-京都両洋

鳥羽-東山

京都明徳-京都精華学園

鳥羽-京都両洋 

BasketParkではインサイドアタックの重要性についてこれからも伝えていきたい。

 

関連記事

  1. 京都ウインターカップメモリー#3
  2. インターハイ京都府予選 男子決勝戦 洛南ー東山
  3. 3Pシューター
  4. 笑顔のラストマッチ
  5. Parkインタビューvol.2_東山高等学校_大澤徹也コーチ
  6. 令和3年度第68回近畿高等学校バスケットボール大会_女子決勝戦_…
  7. 高校新人戦ベスト8
  8. 第68回近畿高等学校バスケットボール大会_京都府代表_京都明徳高…

カテゴリー記事一覧

CALENDAR

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP