高校バスケット

2022ウインターカップ京都府予選終了

10月30日 2022ウインターカップ京都府予選 最終日

女子は京都精華学園、

男子は洛南が共に決勝リーグで3勝し、栄冠を手にした。

 

【 女子 】

2勝同士で迎えた女子最終戦。

京都精華学園がインターハイチャンピオンの貫禄をみせ

129-36で京都両洋に勝利した。

 

京都両洋を率いる吉田コーチは市立紫野時代から

私学の強豪校と何度も名勝負を繰り広げてきた。

京都両洋2年目の今大会、全国制覇を成し遂げた

京都精華学園にどこまでチャレンジ出来るかが注目されたが

結果的には大敗を喫してしまった。

 

筆者は京都精華学園 #12八木選手の成長が非常に大きいと感じた。

八木選手は今夏、U16,U17と立て続けに国際大会を経験し、

その直後にインターハイ制覇という偉業を成し遂げた。

インサイドで身体を張ることが出来るプレイヤーの存在は非常に大きい。

同選手についてはU12の頃からプレイを見続けているが、

IH京都府予選が終わってからの、ここ5ヶ月の成長が最も脅威に感じた。

 

ウインターカップ本戦では追われる立場になり、

マークも厳しくなることが予想されるが、

WC初優勝に向けての戦いが非常に楽しみである。

一方の京都両洋はチームの若さがでてしまったが、

逆に考えると伸び代は非常に大きいと言える。

本戦までの2ヶ月弱でチームが変化するのを期待している。

 

 

【 男子 】

負けると3位になり、WC出場を逃してしまう東山の気迫の挑戦を

洛南が堅守とチームオフェンスで退け、3連覇を飾った。

前日の10月29日決勝リーグ2日目に、衝撃が走った。

『 京都両洋90-78東山 』

ここ数年、京都府ベスト4常連校となった京都両洋が

東山の牙城を打ち破った。

後がない東山に対して、洛南はインサイドの力強さと

的確なアウトサイシュートで得点を重ねた。

#4 西村 #5 星川 #6 三浦 の3人で FT 14点  2P 32点

途中出場の#9 天野と #13後藤 の2人で3P  18点

と非常にバランスよく攻めた。

対する東山は2年生の#4佐藤が32得点と気を吐くが、

洛南の堅守の前に徐々に得意のオフェンスが鳴りを潜めた。

昨年のようにインサイドでハードワークができる選手がいないのが非常に大きいと感じた。

 

( 期待の1年生#5瀬川  前日の接触の影響か、本調子とは呼べなかった )

 

洛南は全国の強豪校に比べるとサイズが劣ってしまうが、

吉田コーチ、河合Aコーチの細部に渡る丁寧な指導の集大成としての成果が

ウインターカップに現れる。

『 冬の洛南 』と呼ばれる強さを垣間見た試合であった。

 

次回は男女ともにウインターカップ出場を決めた

京都両洋を紹介する。

 

リンク先:京都府バスケットボール協会

関連記事

  1. 第68回近畿高等学校バスケットボール大会_京都府代表_京都府立山…
  2. 京都ウインターカップ メモリー #1
  3. ウインターカップ京都府予選ベスト8決定
  4. 【 予告記事 】第68回近畿高等学校バスケットボール大会 山城高…
  5. 『 勝利を引き寄せるプレイ 』
  6. 『 仲の良さ 』
  7. 新人戦一時中断
  8. 『 18年ぶりの近畿大会出場 京都西山高等学校 』

カテゴリー記事一覧

  1. 新人戦結果

CALENDAR

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP